シェアライフ富山

「おかえり」が明日の励みになる
「一人暮らし」だけど「独り」じゃない
そんな生活がここにある

Open a new Door!

シェアハウスの魅力about share house

ここはみんなの居場所

シェアライフ富山のシェアハウスは、ただ広く立地の良い家に安く住む方法ではなく、シェアメイト1人1人が共同生活の中での自分の役割や他を尊重する大切さ、その上で自らも暮らしを楽しむことを重視した、みんなの居場所です。

全員で作り上げるシェアライフ

シェアライフ富山にとって「家はただの箱」であり、シェアメイト達が皆で作り上げる「暮らし」がシェアハウスだと捉えています。
そのため、入居希望の方とは、事前にゆっくりと時間をかけてお話を聞く時間を設けています。その上で共同生活における理想や不安点を確認し合い、皆でつくるシェアライフを存分に楽しむお手伝いをさせて頂きます。

先駆けとその先へ

シェアライフ富山が1棟目を富山市大泉にオープンした2009年には、都心部以外の地方都市にはシェ アハウスはほとんどなく先駆けでした。
以降代表の姫野が6年間自らもシェアメイト達と一緒に生活をして培ってきた経験と実績により、一つのコミュニティとしてのシェアハウスの在り方を一人でも多くの方に体験していただけるよう、様々な価値観が共存する居場所づくりをしていきたいと思います。

シェアハウスのQ&A

Qシェアメイトたちの年齢、男女比は?
A20代、30代が多いです。
男女比もほぼ半分、意外と異性が一緒だから保たれる秩序ってありますよね。
Q毎日パーティーしてるの?
Aシェアハウスは基本的には「一人暮らしの集合体」です。
みんな好きな時間に帰って来て、好きな時間にご飯を作り、外食派もいれば自炊派もいます。
ごはんの時間はバラバラです。たまに時間が合えば「じゃあ、一緒に作る?」なんてこともあり、誕生日など祝い事の時はみんなで集まります。
Qお風呂とかトイレとか面倒くさくない?
A他のシェアメイトが使っている時はシャワーは使えないし、トイレも使えないし、朝急いでいるときなんかたまりませんね。
シェアメイトの生活リズムは1ヶ月もすれば把握できます。
普段より5分早く起きようとか、シャワーと朝食を逆にしようとか、ちょっとした工夫で解決できます。
Q掃除当番なんかはどうしてるの?
A必要な当番をローテーションで回し、自分の好きなタイミングで掃除します。
みんなが各自の担当を持つことが出来ます。