会社概要company profile

合同会社シェアライフ富山

研修社員さまのお住いにはシェアハウスという選択肢を
所在地
富山県富山市奥井町10-24
代表者
姫野 泰尚 (Yasutaka Himeno)
TEL
076-461-4894
FAX
076-403-2943
MAIL
mail@sharelife-toyama.com

はじめに

シェアライフ富山は2009年の春に、代表の姫野が2年間のオーストラリアでの生活から富山にUターンし、不動産屋に勤務しながら同年自ら立ち上げた1棟目のシェアハウス(富山市大泉町)がはじまりでした。
当初一人暮らしを始めようと部屋を探しましたが、自身の海外生活経験の中で一番自分が人間的に成長できたと感じたのが、様々な価値観の仲間と暮らすシェアハウス(共同生活)という居住体験だと気づいたためです。
当時はまだシェアハウスという言葉が浸透しておらず、物件を借りるにも近隣住民の理解を得るにも苦労したのを覚えています。
それでもなんとかインターネットや口コミでの募集でシェア生活はスタートし、仲間も増えていきました。
そして2014年1月、当時シェアハウス5棟を運営するようになり独立し、合同会社シェアライフ富山を設立。
以降、現在に至るまで数多くのシェアハウスをプロデュースし管理運営してまいりました。
また2018年からは民泊管理業の資格を取得、旅人たちの交流の場「ゲストハウス縁〜えにし〜」(現在は1棟貸切に形態転換)や、元売薬さんの住んでいた古民家宿「売薬宿屋山キ」他複数の民泊運営をスタート。
日々多数のシェアハウス運営相談や民泊の開業相談、空き家活用相談を受けるようになり、不動産仲介、リフォーム、空き家活用コンサルティング等幅広くお家周りのお手伝いをさせていただいております。

代表自らはシェアハウスでの生活体験から、本当にたくさんの出会いと経験、学びに恵まれたと思っています。
今我々が提供しているのは「住居」という空間ですが、それは新しい「家族」の形であり繋がりであり、出会いと気づきの提供です。
『知識と経験、体験を共有すること』でお互いの世界観や可能性がぐっと広がります。
私たちが作る家はただの「箱」であり、暮らしを作っているのはその場で生活する「人」なのです。
2009年当時1棟目のシェアハウスを立ち上げてから10年以上が経ち、あの頃のシェアメイトたちは今、結婚してそれぞれの家庭を持ち、子供ができ、その子供たちも同年代だったりして、今では良い子育て仲間です。

”初期シェアメイト、今では子育て仲間

あの頃生活を共にした仲間だからこそ相談し合えることもあります。
シェアハウスの生活は永遠ではありません。だからこそ、ここでの出会いが一生ものになるような、そんな居場所づくりを心がけていきたいのです。
今や新しいライフスタイルとして浸透しつつあるシェアハウスを全国に広め、シェアメイト達には共同生活を通じて「出会いのおもしろさ」、「人とふれあう大切さ」「集団の中での自分を考える」体験をしてもらいたいと思います。
そのため、当シェアハウスは単に家をシェアする、というよりは知識や経験、人生観など「暮らし (life) を共有する (share)」ことを目指し、「シェアライフ (Sharelife)」と名づけています。

会社沿革

2009年10月
富山県 初のシェアハウスを富山市大泉町にオープン
2014年1月
合同会社シェアライフ富山設立(シェアライフ長江内/当時シェアハウス5棟運営)
宅地建物取引業免許取得
2015年9月
富山市奥井町にゲストハウス縁~えにし~(簡易宿泊所)開業
本社所在地を富山市奥井町に移転
2017年12月
富山ヤングカンパニー大賞受賞
2018年6月
住宅宿泊管理業者に認定
2020年4月
富山市東岩瀬町に売薬宿屋山キ(簡易宿泊所)開業
2022年現在
シェアハウス13棟、民泊宿5棟管理運営。シェアハウス開業コンサルティング実績多数。
富山県創業支援・移住UIJターン者向け住宅 運営指定管理者として採択
ゲストハウス・民泊6棟管理運営

会社Office

合同会社シェアライフ富山

〒930-0846富山県富山市奥井町10-24

TEL:076-461-4894電話する